クレジットカードでお金を得るには正しい現金化の知識を知っておくことが重要

クレジットカードはお金を使うための道具ですが、逆にクレジットカードでお金を得る方法というのもないわけではありません。

その一つと言えるのがクレジットカード現金化というテクニックです。

ただしクレジットカード現金化は正しく使いこなさないと問題が起きる可能性もあるため、まずはその基礎知識について学んでおくことをおすすめします。

クレジットカードでお金を得る仕組み

クレジットカードにはカード会社が決めた買い物をするための残高が設定されています。

ショッピング枠や利用限度額という言葉がそれに相当します。

たとえば利用限度額が100万円あれば、その月は最大100万円までクレジットカードを使って買い物ができるわけです。

そしてクレジットカードで買い物をしても即時に引き落としがあるわけではなく、その月の支払い日までは現金が減りません。

この仕組みを利用することで一時的にではありますが、クレジットカードでお金を得ることが可能になります。

商品を現金化してクレジットカードでお金を得る

クレジットカード決済で購入した商品を中古で売ったり、あるいは返品して現金を返してもらうとクレジットカードの支払い日までは決済したぶんの現金が手元に残ることになります。

これがクレジットカード現金化の基本的な構図です。

クレジットカードの利用限度額が100万円あったら、理論上は100万円の現金を手に入れることができることになります。

ただし、それはあくまで理論上の話であって実際は不可能となっています。

カード会社はこうした現金化目的でのカード決済を規約で禁止しているのに加えて、その規約を回避する形で現金化を請け負ってくれる専門業者は手数料を徴収するからです。

決済金額よりも受け取る現金が少なくなると支払い日にお金が足りなくなるため、無計画な現金化はクレジットカードでお金を得るどころか減らすことにも繋がります。

安全にクレジットカードでお金を得るには

安全な形でクレジットカードでお金を得るには、決済金額と実際に受け取る現金額になるべく差が出ないように工夫することが重要になります。

特定の現金化業者では初回利用時などにキャンペーンを適用すると換金率がアップするので、上手く利用することで100%に近い現金化も夢ではなくなります。

クレジットカードのショッピング枠には現金化のメリットが詰まっている

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する方法だと、審査不要でスピーディーに利用できます。

さらにキャッシング枠が低い人やついていない人、さらに現在利用中の人でもショッピング枠さえあればピンチを切り抜けることができます。

また、キャッシングより金利が低いことが多いので、その点からもメリットがあります。

現金を作るのにクレジットカードも1つのスムーズな方法です。

クレジットカードにはキャッシング枠がありますので、それを利用すればいいのですが、もう1つのショッピング枠でも現金を作ることが可能です。

違いやショッピング枠のメリットも併せて考えると、いざとなったら利用価値は高いと気づくでしょう。

ショッピング枠で現金化ができる仕組み

クレジットカードで現金を作るというとキャッシングをイメージするかもしれません。

しかし、キャッシング枠だと簡易的な審査も入りますし、枠が低い人やそもそもついていない人もいます。

ですから、現金を借りるのに手間がかかってしまいます。

クレジットカードを作るのにも申し込み用紙記入や源泉徴収などを用意したりと面倒です。

さらに、すでにキャッシング枠を利用していれば、新たに借りるのにも枠が十分あいていないといった悩みも発生します。

これでは本当に必要なときに、必要な分だけ現金が用意できないといったことになってしまいます。

また、クレジットカードを作るときや利用するだけでも、勤務先への在籍確認の電話がかかってくるのが困るという声も多いです。

ショッピング枠を利用した現金化の場合は、業者指定の商品をショッピング枠で購入します。

それを業者が引き取ってくれ、代わりに現金を支払ってくれます。

ですから、キャッシング枠は延滞していなければ影響することはなく、ショッピング枠を利用で柔軟に現金化する道を確保できます。

ショッピング枠を活用するメリット①

ショッピング枠を生かして現金化する場合は、まず金利が低いことが利点です。

キャッシング枠やローンを利用するよりも低い金利になっていることが殆どです。

ですから、支払いの際には利子が少なくなりますので、トータルで考えても支払いが低く抑えられます。

これなら、負担少なく返済ができるのに今すぐ現金は用意できると無駄がありません。

また、分割払いもカードに設定があれば利用できます。

ショッピング枠ならではの柔軟性を活用して、安心便利な現金化ができるのもメリットとして大きいです。

ショッピング枠を活用するメリット②

ショッピング枠のメリットとして、より多くの人が制限少なく活用できることが挙げられます。

キャッシング枠だと低い人や利用中の人も多いでしょう。

勤続年数や正社員以外では低くなる傾向があります。

これだと必要な現金を用意するのに足りないなんてことになってしまいます。

それをカバーできるのがショッピング枠です。

クレジットカードだとほとんどの人がショッピング枠はついていますから、現金化するのに心強い、そしてすぐに生かせるアイテムになります。

ショッピング枠なら現金化できる人は多いですから、本当に困ってしまったときに頼りになります。

専門業者を利用すれば、複数枚のカードのショッピング枠を利用できるケースも多いですから、合わせ技で必要な金額を作ることも可能です。